リメンバー・ミー が泣ける!死者の日は何の日?死後の世界を見事に描写!

未分類
映画『リメンバー・ミー』のフル動画を無料視聴するならU-NEXT

こんにちは!suuです!
地上波で公開されたディズニー映画「リメンバー・ミー」をご覧になりましたか??
あまりに感動して、おどろいてしまいました!!!
もっとこの素敵な映画を知ってほしい思いと自分自身ももっと死者の日について知りたくなりました(o^^o)

リメンバー・ミー

死者の日とは

日本ではあまり馴染みのない死者の日。

死者の日はラテンアメリカ諸国における祝日の一つ。特にメキシコでは盛大な祝祭が開かれます。

死者の日には家族や友人が集い、個人への思いをはせて語り合うものとされています!11/1と11/2が諸聖人の日とされ盛大に祝われますが、10/31も前夜祭として行われます!

全体的にオレンジ色が多く、カボチャを飾り仮装をしてパーティを行うなど、ハロウィンと似ている部分がありますね!オレンジ色のマリーゴールドの花が至る所に飾られ、町はマリーゴールドの香りでいっぱいになるんだとか(∩´∀`)∩11/1には子供の魂が戻るとされ、チョコレートなどのお菓子が主に備えられ、11/2は大人の魂が戻るとされ、お菓子からお酒などにお供えが変わるんだそうです!

日本でいうところの、「お盆」に似たものかな?と思いましたが、悪魔でも明るく楽しく祝うのが死者の日で、派手な装飾にバンドが歌を歌い、とにかくカラフルでにぎやか!「死」を恐れるのではなく、死者と共に笑おう!というスタンスですね!

日本のお盆も確かに、ご先祖を想うというのは同じなのですが、ご先祖様が安らかに休めるようにといった、言わば供養を目的としていますよね!

そしてやっぱり、お盆は水難事故が増えるとかいわれ、足を引っ張られるとか、病院でも入院中の方が急変して亡くなることが多いとか、要は死者が仲間を呼びにくるみたいに言われます。夏になれば怪談話やホラー映画もヒットしますし、日本では「お盆=怖い霊」みたいなところがあります!!ですからこのメキシコでの死者の日とはかなりスタンスが違うと言えますね!!!

ペイントや飾り

とにかく死者の日は派手に飾られます!イッテQでイモトさんが行かれたことがあり、顔にガイコツメイクを施されていました!!!

メキシコでは3000年も前から、先祖の骸骨を身近に飾る習慣があるようです!

日本では火葬後に骨壷が今は根付いてますが、100年も遡らなくとも、土葬していたことも多いので、そこまで骨そのものを身近にといった習慣はないですよね!

お墓やお仏壇といった感じですよね!

死者を思い出す日

映画「リメンバー・ミー」は死後の世界をかなり明るく描写しています!

主人公ミゲルは死後の世界に足を踏み入れ、ひいひいおばあちゃんにあたるイメルダ達と出会い、ついには祭壇では切り取られていて分からなかった、ひいひいおじいちゃんのヘクターを見つけ出します!!!

ヘクターは去った家族の元に帰ろうとしていた矢先、に毒を盛られ曲を盗まれたのでした。

その事実を知らずにヘクターを恨んでいたイメルダも真実を知るのです。

とにかくストーリーも、最高すぎるんですが、死後の世界が明るく描写されているのがすごく良かったです!

未知の死後の世界、それがあると思うかないと思うかも人それぞれですが、それが存在し、更には家族がまたその世界で楽しく過ごしているというのがとても良く、心の中にずっといる亡くなったおばあちゃん達に会いたくなるようなそんな映画でした。悲しくない、温かく泣けるすごい映画だなぁ、さすがはディズニー!!!!!

そして昨日のロードショーでは最後にワイプで一瞬ではありましたが、エンドロールにディズニー作品に関わった人々へのメッセージが流れるんですよね!!!

ここでまた号泣(p_-)での愛に溢れる作品、たくさんの人の愛からうまれ、そんな人達をディズニーも愛しているという粋な演出です!

シシドカフカさんの歌声と共にとても素敵な気持ちになりました!すっごくおススメなので是非見て欲しいです!!!

まとめ

ディズニー映画「リメンバー・ミー」では亡き後も家族の絆が続いている、温かい映画になっています!普段あまり考える事はないかもしれませんが、リメンバー・ミーを観ると亡き家族に語りかけたくなるようなそんな素敵な作品です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました