志村けん 死去 原因は新型コロナウィルス ヘビースモーカーも持病なし

芸能

志村けん(70)死去

新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症し、入院して治療を受けていたコメディアンの志村けんさんが、29日、東京都内の病院で亡くなりました。70歳でした。

◇志村けんさんの新型コロナウイルス感染経過◇

▼3月17日 倦怠感の症状があったため、自宅静養(発症日)

▼3月19日 発熱・呼吸困難の症状が出現

▼3月20日 訪問診察をした医師の判断により、都内病院に搬送。重度の肺炎との診察を受け、入院

▼3月23日 新型コロナウイルス検査陽性が判明

▼3月24日 保健所による調査が行われ、発症日と濃厚接触者の特定が完了

▼3月25日 所属事務所が感染を公表

医療の尽力も新型コロナウィルスには敵わず、日本は国民的スターを新型コロナウィルスにより失くしてしましました。

非常に悲しいです。。もともと、ヘビースモーカーで有名だった志村けんさんは、昨年胃のポリープを除去した後は、飲酒を控えるなど健康に気を付けていたようです。

新型コロナウィルスの影響で、経営が傾き苦しい都内の飲食店のために出向き、高額の支払いをしていたようです。最後まで人のために優しかった志村けんさん。回復してまた元気な姿をテレビで観たかったです。非常に残念で涙が止まりません。

志村けんさんのご冥福をお祈りいたします。

◇志村 けん(しむら・けん、本名志村康徳=しむら・やすのり)。1950年(昭25)2月20日生まれ、東京都出身の70歳。68年、都立久留米高校を卒業前に、故いかりや長介さんを訪ね付き人になる。74年に「ザ・ドリフターズ」のメンバーに。フジテレビ「志村けんのだいじょうぶだぁ」、同局「志村けんのバカ殿様」などのバラエティーで人気者に。「東村山音頭」のヒットでも知られ、東京五輪の聖火リレーで東村山市を走ることが発表されていた。身長1メートル69。血液型A。

コメント

タイトルとURLをコピーしました