ディズニーランド エントリー受け付けの新エリアの攻略法はある?

未分類

こんにちは!suuです!
ディズニーリゾート公式サイトで待望の新エリアのオープンが9月28日からと発表がありました!
気になるオープンからの対応などをまとめてみます!

ディズニーランド 新エリア

オープンは9月28日から

東京ディズニーランドの大規模開発エリアが9月28日にオープンする。 約3年もの月日をかけてファンタジーランド、トゥモローランド、トゥーンタウンにまたがるエリアの工事を行ってきた東京ディズニーランド。このたびファンタジーランドに「美女と野獣」をテーマとした大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」、トゥモローランドにアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」、トゥーンタウンにキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」が新施設として導入される。

4月にオープンを予定していたディズニーランドの新エリアは、新型コロナウィルスの影響でオープンが延期となっていましたが、9/28からオープンすると、正式にディズニーリゾートの公式サイトで発表がありました!!!

新エリアのオープンと共に、現在は中止となっているミートミッキー等のキャラクターグリーティングも再開するということで、10月に既にディズニー行きの旅行予約をしていた私はテンション爆上げとなりました!

新エリアはどんなエリア?

新たにオープンする 「ニューファンタジーランド」は、ディズニー映画『美女と野獣』を主なテーマにしたエリアで、アトラクションやレストラン、グッズショップなどが展開される。 その他、東京ディズニーランド初の本格的な屋内シアターとなる「ファンタジーランド・フォレストシアター」や人気キャラクター・ミニーマウスのグリーティング施設が設置され、さらには、世界初となるディズニー映画『ベイマックス』をテーマにしたアトラクションなどが楽しめる。

総工費約750億円をかけているエリアとなっています!
ユニバーサルスタジオのハリーポッターの総工費はおよそ450億円だったので、ものすごい壮大なスケールです!

着工が始まった2017年には完成予定の2020年の夏には東京オリンピックが開催され、ディズニーランドはものすごい混雑が予想されていましたが、まさか入場者数が限られているなんて、誰も想像できなかったと思います。。

シンデレラ城に続き、野獣の棲む城(美女と野獣の城)がディズニーランドにそびえたちます!!ディズニー映画『美女と野獣』の世界を体感できる新エリアは、入口を抜けると、ベルが住む村から野獣の棲む城がある森へと繋がっていき、
映画さながらの、ベルが立ち寄る本屋をイメージしたショップや、ベルの父親のモーリスの家(ファストパス発券所)、ガストンのレストランなど、まるで映画の世界に迷い込んだような作りとなっています!!

シンデレラ城とは違ったピンクのお城は必見ですね!!

エリア内でも注目スポットとなるのは、野獣の住む高さ約30mの「美女と野獣の城」に誕生する、ディズニー映画『美女と野獣』をテーマにした日本オリジナルの大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」。

「美女と野獣“魔法のものがたり”」は、映画に使用された名曲に合わせて踊るように動く“魔法のカップ”に乗り込み、映画のストーリーに沿っていくつもの名シーンをめぐる、というロマンティックな大型アトラクションとなっている。

これは是非とも乗ってみたいです!

他には映画「ベイマックス」から、ベイマックスのアトラクションが登場します!

更にトゥーンタウン内には、ミニーの「ミニーのスタイルスタジオ」という、グリーティングが登場します!

デザイナーのミニーがおしゃれに可愛く出迎えてくれそうです!
こちらミニーちゃんのフォトスタジオの内装もとても気になりますね!!

新エリアのエントリー受け付けとは

さて、一気に新エリアのアトラクションに加え、ミニーのスタイルスタジオの他にも、中止となっていたミートミッキーなどのグリーティングも再開することが発表されました!

10月の中旬に予約していた私はテンション爆上げとなりましたが、よーく注意事項を読んでみました。

ディズニー公式アプリには新しくこんな画面ができました。

スポットライトです。
これをクリックすると出てきます。エントリー受け付けの文字です。

新エリアの美女と野獣、ベイマックスのアトラクションとグリーティング(ミニー、ミッキー、ドナルド)に関しては、コロナウィルスの影響を配慮し、当面はエントリー受け付けを実施するようです!!!

結論から言いますと、エントリー受け付けとは抽選の事で、エントリーしたからと言って、絶対に乗れるとは限りません。

そして一つのアトラクションにつき、エントリーできるのは一度のみとの事なので、外れた場合は乗ったり、会ったりできません、という事です。

時間帯を選んでエントリーできるとされていたので、最初はファストパスと同じと思っていたのですが、抽選です。

なので開園と同時に入らないとエントリーすらできない!なんて事はない様です。
ただ当選するかは分からないということですね。

1日の利用者数は発表されていません。
同じディズニーシーでは、スタンドパスなるものが、トイストーリーマニアとソアリンに導入されますが、こちらはファストパスと同じなので、先着順ですね!

ディズニーシーでは、やはりこの二つのアトラクションに長い列ができ、長い時で2時間弱の待ち時間になるようで、それを回避する目的があるようです。

ディズニーランドも新エリアともなれば並んで入りたい方も増えると思うのでその対策の様です。

ですので、新エリアがオープンしたからといって、必ず体験できるわけではないので、新エリアの為にパークに行って落胆する事が無いことを願いたいですね!

一瞬バク上がりした私のテンションも逆に冷静になりました笑
なのでこの仕組みを知ると、新エリアがオープンといえどそこまでの混雑はなく、そもそも入場者には制限がかかっているので、例年よりは空いているとは思います。

残念ながらこのエントリー受け付けを攻略する方法はありません。
昔ディズニーシーの、ビックバンドビートが見事に外れたのを鮮明に思い出しました苦笑

エントリー受け付けは、早めの時間に入って比較的入園者の少ない午前のエントリー枠が空いていれば当選しやすいのかなぁとは思います。

スタンドパスと違って、エントリー受け付けは同時に複数できる様なので、とりあえず全部チャレンジはしてみようと思っています!
一つは当たればラッキーと思って、過度に期待せず楽しみに行こうと思います!

まとめ

ディズニーランド新エリアのエントリー受け付けとは、ずばり抽選です!
どうしても乗りたかったりする方は当日にならないと並んで乗れるわけではないので、モヤモヤしてしまいそうですが汗
また旅行後に追記しようと思います^_^

コメント

タイトルとURLをコピーしました